毎日、体重公開!!マジで最後の体脂肪ダイエット!!: ぬか漬けの歴史(ダイエット399日目)

2006年09月06日

ぬか漬けの歴史(ダイエット399日目)

■53キロ前後 身長158cm
ウォーキング 30分 または片足立ち
■スクワット 10×3セット  
■半身浴(ぬるめ) 1時間 ゲルマボール
■自律神経を鍛える爪もみ 3回 方法
■愛用サプリメント くわコラーゲン

わがやのぬか漬けの匂いも大分つよくなってきました。
発酵が進んでるんだなあと思います(^_^)
手が汚れないハンドル式ぬか漬け器「ぬか楽」
これを使ってます。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報満載!!
ポチリとお願いします(^.^)



漬け物は野菜を保存する目的で塩漬けにしたことが始まリで、
8世紀以前にはあったといわれています。

ぬか漬けは江戸時代に登場しました。
あの有名な沢庵和尚が登場したのも同じ江戸時代で、
沢庵とは干大根をぬか漬けにしたものなのです。

ご飯に漬物とおみそ汁、あと一品、焼き魚なんかあれば
それで十分満足だなあと感じてしまいます。

ぬか漬けをつけるようになって、
といってもまだ1週間だけど、
日本人の食生活ってダイエットや健康に適したものだと
改めて感じます。

やはり昔からの知恵というのは素晴らしいです。

なにより、主食をご飯にすることが一番です。
なぜなら、主食をパンやパスタにすると
どうしても油やバターや砂糖などの多いものを
一緒にとってしまうからです。

ぬか漬けって
毎日かき混ぜないといけなくてメンドウだけど、
栄養や健康面へのメリットは図りしれません。

ぬか漬けには、たんぱく質、脂質、繊維質、カルシウム、リン、
鉄、ビタミンA(カロチン)、B1、B2、ナイアシンなどが
はいっています。
特にビタミンBは脂肪が燃えるときに欠かせないビタミンです。
この点からもぬか漬けはダイエットにむいているといえます。

イモ類以外の野菜であれば漬けることが
可能だというのもうれしいです。
ぬか自体の栄養が野菜にとりこまれ、
生の野菜よりも栄養満点になります。

また、漬物にすることで野菜のアクや苦味などがとれ、
皮やヘタを丸ごと食べられるのもうれしいです。




posted by ブリジット at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぬか漬け作り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。